伸健のシンケンなう真剣ブログ

2019.02.10

テナント探し

物件探し

スケジュールをたてる。

営業日から逆算して、情報収集や物件探しにどのくらい時間がかけられるか、スケジュールを組んでみましょう。早めの準備を心がけましょう。

46ヵ月前・・・物件の情報取集

2~4ヵ月前・・・物件が見つかったら申込み&契約

2ヶ月前・・・・・開店の準備 風俗営業申請や、深夜営業申請

物件探しから開店までの流れ、どこに根を張るのか、希望があるカ所周辺をピックアップし、まずは予算や営業スタイルをよく考えましょう。

家賃はいくらかかるか?売上げの収入から、家賃、人件費、光熱費、仕入れ「月々いくらまでなら無理なく家賃を支払えるか」売上げ予定を考え、家賃を決めましょう。

契約時には敷金(保証金)などの一時金や不動産業者への仲介手数料のほか、看板作成費用、営業備品、造作家具・改装費用も必要となります。しっかりと資金計画を立てましょう

情報取集

インターネットや住宅情報誌、チラシや広告、不動産業者の物件情報などを活用してできるだけ広く情報を集めましょう。集めていくうちに、最近の傾向、地域・沿線ごとの家賃相場、不動産業者の特徴や違いが見えてきます。

優先順位を決める

情報収集すると、「立地条件、メイン通り、管理の質、ここもいいな」といった新たな発見や「同じ家賃ならレンタル比が大きいゆったりしたアプローチや設備が充実している方がいいな」といった希望が出てくるはずです。希望条件を書き出し、優先順位をつけましょう。

不動産業者に相談

テナントの賃貸情報は専門用語も多く、自分で情報収集していて、わからないことや、自分に合うのはどういう物件なのか迷うこともあると思います。そんなときは専門家の宅建業者に聞くのが一番。わからないことや不安に思うことがあったら先延ばしせず、その場で質問して解決しておきましょう。事前に電話やメールで来店の予約をしてから足を運べば、時間をとって相談にのってくれるはずです。また、実際に営業している方に嫌疑施設、おすすめ物件などについても質問するといいでしょう。

周辺環境をチェック

気に入ったテナントを絞り込んだら、物件に実際に足を運んでみましょう。近所に何があるか、営業に際して問題はないかなど営業をイメージしながら周辺環境をお願いします。チェックしてください。

希望するテナントの内部確認

配置、広さ、設備、使い勝手などを確認し、そのテナントでの営業を具体的にイメージすることが大切です。また、できれば一度で決めず、時間帯を変えて足を運ぶことをおすすめします。昼と夜の騒音や周辺状況などが異なる場合もあるためです。

契約内容を確認

テナントが決まったら「テナント入居申込書」を不動産業者に提出し、賃貸人から契約の事前承諾を得ます。その上で、不動産業者(宅地建物取引士)から重要事項の説明を受け、内容を確認して、賃貸借契約を結ぶことになります。

入室

テナントのカギを受け取ります。契約内容(居抜物件、リース物件)、に添って確認を行います。退去時のトラブル防止のため、しっかり確認しましょう。

 

コメント

大変分かり易い内容のブログをたまたま拝見させていただき何かと参考になりました。
ご縁がございましたらよろしくお願いいたします。
  • 2019.02.21 23:49
  • 恵子

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

ブログ内検索